仕事内容

司書の仕事内容

 

 

 

書館司書は、図書館や多くの資料が集まっている資料室などで、膨大な資料や書籍を整理し、それを貸し出すという作業をしています。

 

 

図書館では、書籍だけでなく新聞や雑誌、CDなども扱っており、貸し出ししやすいように分類して管理しています。たくさんの種類の図書類を分類するためには、分類記号を書籍につけてパソコンで管理することも重要な仕事です。

 

 

司書の資格取得では、図書館を利用しやすくするための勉強をします。このような地道な作業をすべての書籍に施すことによって、利用者が探している本を簡単に見つけられるようにするのです。本を検索しやすいよう管理するのも、見やすいように展示するのも、司書の仕事です。

 

 

司書は、図書館内だけでなく移動図書館などの運営にも携わっています。単純作業が続くこともありますので、根気と忍耐力が要る職業と言えます。

 

 

司書に関する資格には、司書教諭という職業もあります。司書としての職務と同時に、学校の図書館で本の管理をしています。司書教諭は、学校の先生としてクラス担任を持ちながら、司書の仕事を掛け持ちするというケースが多いです。

 

 

学校の図書館で資格を持った司書が専属で勤務するというケースは少ないようです。司書教諭は、子どもの本離れを解消するために、子どもが興味を持つ本を選んで購入したり、読み聞かせなどを行ったりして本に親しみを持つ働きかけをしています。

 

 

学級文庫などで長い間使われていた痛んだ本の修復作業なども、大切な仕事です。どの本を読んだら良いか迷っている生徒の相談にのったり、読書の仕方をアドバイスしてあげるのも司書教諭の重要な仕事です。