勤務時間

勤務時間

 

 

司書は、勤務する図書館などの開館時間に合わせた勤務体系で働いています。ほとんどの図書館が夜遅くまで開いていますし、土日も関係なく開いているので、勤務時間もそれと同じく土日は関係ありません。長時間労働や遅番などの時差出勤をすることもあります。

 

 

図書館の開館時間は長いので、勤務時間はローテーション制となっている所がほとんどです。また、夏季は、書籍の整理や点検作業が行われることが多いので、夏休みもまとまった休暇をとるというのも難しいでしょう。

 

 

図書館勤務の人は、司書の資格の有無に関係なく1日8時間労働で、休憩が1時間というのが基本でしょう。図書館の開館時間が決まっていることから、残業時間はあまりないと考えられます。

 

 

公立図書館などでは、アルバイトやパートで司書を募集していることもあるようです。その場合、資格の有無を条件にすることはあまりありません。パートだと1日4時間位で募集していることもありますし、1週間の勤務時間が決められていることもあります。

 

 

図書館司書の仕事に就くには、司書を募集している所を探すことからはじめます。しかし、図書館司書の募集とはそれほどたくさんはありません。また、勤務時間もフルタイムで働ける司書の職場はそれほど多くないようです。

 

 

資格を持っていても、週に2日から4日までの交代勤務の体制をとる所が多いのが現状です。司書の有資格者で正職員で採用されれば別ですが、無資格者なら、時給は800円から1000円位が主流です。労働時間で考えると月10万円を超えるのが精一杯と言ったところでしょう。

 

 

これが、司書だけで生計を立てていくのは難しいと言われるゆえんでしょう。