司書になるルート

司書になるルート

 

 

司書の資格を取るためのルートは、3つあるといわれます。

 

 

 1 図書館学についての科目がある大学や短期大学に通いながら資格を取る
 司書になるために必要な科目を選択して履修できれば、卒業と同時に資格が取れます。

 

 

 2 大学や短期大学、高等専門学校を出た後に、司書になるために必要な司書講習を受講して資格を取る

 

 

司書講習は、夏休み中に文部科学大臣に委嘱された大学で受けることができます。これらの学校を卒業すれば誰でも資格を得られます。

 

これは、司書を目指して大学に通った人が、落としてしまった単位を補うこともできる講習です。そして3つめは、司書になりたいが高卒や中卒の人が資格を取るための方法です。

 

 

 3 まずはじめに司書補になり、そこで3年間実務をこなし、司書講習を受講して資格を取得する

 

 

ということです。この3つ目のルートは一番時間がかかります。しかし、中卒でも司書になれることを意味しています。多くのひとに司書になれるチャンスがあるのです。

 

 

司書の資格を取得する人は、1年に1万人ほどいると言われています。しかし、実際に司書として働いている人はほんの少しです。司書の多くが働く公立図書館は、採用人数などを自治体が決めるので、経済状況にとても左右されてしまいます。一度にたくさんの司書が募集されるケースはないので、狭き門を目指すことになります。

 

 

大学図書館でも同様で、各大学で行われる試験に合格しないと採用されませんから、司書の資格を取るときには就職状況なども調べておくと良いでしょう。