司書に向いている人

司書に向いている人

 

 

司書というには、どのような性格の人が向いているのでしょうか。司書の資格を取る人は、本好きである人が多いのですが、この仕事は本が好きだけでは務まらない職業です。

 

 

図書館のカウンターで、返却や貸出し業務だけなら問題はありませんが、図書館を訪れた人のニーズに応じることができるように、本や資料に関する幅広い知識が必要です。情報検索に関する技術や、探究心なども必要です。

 

 

司書は、資格を持っていてもそれだけでは役立てません。図書館の業務には訪れた人とのコミュニケーションも必要なので、人とのかかわりが苦にならないという方の方が司書に向いていると言えるでしょう。

 

 

また、意外と思われるかもしれませんが、司書は時として体力が必要です。重たい本をたくさん持たなければならないことも考えられますので、司書の資格を取るときには、ただ本が好きだけではなく、他の適性についても検討するようにしましょう。

 

 

図書館の業務はほとんどがコンピューターで管理されています。ですから、パソコンの技術も必要です。しかしパソコンの技術ばかりに頼ってはいられません。お客さんが求めている本を探し当てるのも、司書の実力のうちです。

 

 

膨大な量の本の管理をするので、忍耐力も求められる仕事です。また、司書は子どもを相手にする機会も多いです。子どもと根気よく話せることも重要な要件です。司書の資格取得の先には、図書館の利用者に対してどれだけ心を開いて対応することができるかどうかが、大切となります。