司書のニーズ

司書のニーズ

 

 

図書館司書のニーズは近年高まってきています。とは言え、仕事に就くのはなかなか大変です。図書館は学校にある以外に、公立図書館など、地域に密着したものが多くあります。

 

 

しかし、公立の図書館は地域の財政状態にとても影響されるので、毎年決まった採用を期待できませんし、地域の図書に関する考え方もまちまちなのが現状です。

 

 

しかし、本の大切さは小さいころから学ぶべきとされてきているので、図書館は市民に身近な図書館になるように、多くのイベントが行われるようになっています。資格を持った司書のニーズが少しずつ求められてきています。

 

 

司書のニーズにあった人とは、司書としての基本の仕事に加え、教育的な活動に柔軟に対応できる人材です。また、学校の図書館で働いている有資格者である司書は、司書として100%業務に従事できる人は少なく、それ以外の業務と掛け持ちしていることが多いです。

 

 

そのため、本来の司書とは少し違う働き方をしていることもあります。しかしながら、子どもの読書に対する興味を持たせることが学校図書館の担当者の最大の仕事ですから、近年はあえて図書室司書を採用するというケースが増えています。

 

 

大学の図書館でも、司書資格取得者のニーズは高まっています。大学図書館の司書有資格者に求められるのは、その大学で行われている研究や、情報収集の手助けになるような資料の管理ができる能力です。

 

 

高度な知識が必要となるので、大学図書館の司書を務めるには大変な努力が必要となります。司書には、幅広い本の知識や管理能力が必要なのです。