司書の役割

司書の役割

 

 

図書館司書としての仕事はとてもたくさんあります。単純作業ばかりかというと、そうでもありません。資格を取得する際に学ぶ多くのことは、本と人とをどのように橋渡しするかということです。

 

 

訪れる人が快適に図書館を利用することができるよう、環境を整えることも大切な仕事です。地域の人が集まってくる図書館を作り出し、図書館と人とを結びつける役割を担うのが司書です。

 

 

司書のカウンター業務は基本の仕事ですが、ここでの印象は、利用者の図書館に対する信頼度も左右しますから、とても大切です。司書の花形と言われているレファレンス業務は、利用者が求めている情報を探し出す役割です。

 

 

利用者の意図を的確に読み取らなければなりません。資格を取得するときに学んだ「図書の専門家」としての知識を生かし、利用者への働きかけをすることで、縁の下の力持ちとしての役割を果たしています。

 

 

司書の事務関連業務は、本の状態を整えること、利用者からのリクエストに応えることなどです。図書館としてのサービス向上の役割を持っています。

 

 

司書教諭を目指す場合は、学校教育を支える大切な役割を担っていることを肝に銘じて、資格取得の勉強に取り組みましょう。子どもが感動する本を的確に紹介できるかによって、その子どもたちに読書の習慣が付けられるかの鍵となるのです。

 

 

子供たちに良い本との出会いを演出することができれば、子どもたちの心を育てることにつながるのです。資格を持った司書教諭が工夫して、あらゆる角度からのアプローチをすることにより、図書館を利用する子どもたちは、本の面白さを知ることになります。「本のソムリエ」と呼ばれる図書館司書には、たくさんの大切な役割があるのです。