司書の意義・重要性

司書の意義・重要性

 

 

司書は、図書館の受付をしているだけと思ってはいませんか。誰にでもできる簡単な仕事のように誤解されがちな司書の仕事ですが、実はそうではありません。

 

 

図書館で働く司書は、資格を取得するために図書館業務について幅広い勉強をした上でその職に就いています。

 

 

司書の資格を取るために学ぶ内容は、図書館実務に関する内容と言うよりも、生涯学習において図書館がどのような役割を果たすべきか、また、情報化社会においての図書館の位置づけなど、図書館の意義について深く掘り下げられたものです。

 

 

公立図書館などで働く司書は、図書館と地域社会の関係や重要性について十分に理解していることが必要です。図書館司書の仕事とは、地域で愛される図書館を作ることなのです。

 

 

図書館司書になるための資格科目を見ると、その多さに驚いてしまいます。それだけ図書館とは重要視されている施設なのです。図書館司書の仕事を続けていくためには、本を愛おしく思う心も必要です。

 

 

図書館の利用者に本を愛する心を持ってもらうために、様々な試みを考えるのも重要な仕事です。資格を持った司書が中心になって図書館を使いやすく変えていくことで、多くの人が図書館に集まってきます。

 

 

図書館司書は、本と人の橋渡しの役目をも担っており、図書館向上のためにたくさんのアイデアを出したり、アイデアを実行していく能力も必要なのです。司書の資格勉強をすると、図書館の意義や重要性について分かってきます。学んだことが、新たなアイデアの基礎となるのです。