司書の職場

司書の職場

 

 

司書が働く図書館は、いつでも落ち着いた雰囲気をかもしだしています。静かな空間で働きたいと言う人にはピッタリの職場です。図書館司書の資格を取った人が働ける図書館には、いくつかの種類があります。

 

 

・国立図書館(国立国会図書館)や、それと同等に認識されている公の図書館(議会図書館・官公庁の図書館・国立公文書館等)
 これらの図書館は特殊です。一般の図書館で手に入らない重要な資料を扱っているので、一般の司書より高度な能力が求められます。資格取得したあとも、それ以上のスキルが必要になると考えられます。

 

国立図書館で働く人は、実際は司書の資格を持つ必要はありません。国家公務員採用試験と職員採用試験にパスすることが第一条件です。

 

 

・地方公共団体が運営している公共図書館
 これらは、私たちがよく知っている、地域に密着した図書館です。何度も足を運びたくなるような図書館作りができる司書が求められています。図書館の重要性や役割は、資格試験のときによく勉強してしっかり認識しておく必要があります。

 

 

・大学図書館
 大学で勉強している学生の求める資料や書籍を探し出し、貸し出しを行って情報提供をしています。大学図書館は、一般の人も利用することができますが、それぞれの大学の研究に関係する専門的な書物が集まっていることが多いので、研究機関の役割も兼ねていると考えられます。

 

 

・小中高の学校にある図書館
 司書の持つ役割が、さらに重要となってきます。それは、学校教育に役立つ本や資料を集めることで学校教育を支えていくという役割です。

 

 

以上の図書館以外にも、いろいろな図書館が存在しています。さらに専門分野に限定した図書館などもあります。図書館司書の資格を持っていても、その職場の図書館にはそれぞれに特徴があるのです。