司書の魅力

司書の魅力

 

 

図書館に行けば、本の貸し出しや管理を担当する係りの方がいます。彼らが、図書館司書(司書)です。司書になるには資格が必要です。その仕事内容は、図書館で本の管理をするだけと思いがちですが、それは誤解です。

 

 

司書の仕事は、人とのコミュニケーション能力も必要とされます。図書館に訪れる様々な人の本の相談を受けたりすることによって、より良い図書館作りをしていくことが重要な業務です。幼いころから本が大好きで、本の良さを知る人が資格を取るというケースが多いですが、ただ本が好きと言うだけでは司書の仕事は務まりません。

 

 

図書館のカウンター業務では、貸し出しや返却を担当し、図書館便りを作ることもします。また、子供のためのお話会を開催することもあります。お話会では、多くの人に本を紹介することができるだけでなく、お話会に来てくれた人を楽しませるための工夫も欠かせません。

 

 

本の読み聞かせでも、お話を暗記して感情を込めながら演じるように聞かせる司書もいます。司書の資格を持つということにプライドを持ち、仕事を全うしようと頑張る人たちが図書館を支えています。

 

 

司書のお仕事を「本のソムリエ」と呼ぶ人もいます。司書は、本に関する情報を多くの人に提供することが仕事ですから、本と人とのつながりを広げるようなイベントを企画することもあります。

 

 

司書にはたくさんの魅力があるので、資格を取る人が最近は増えてきました。紹介された本を読んだ感想をすぐに聞いて、やりがいなどを感じることができるのも、司書の仕事の魅力のひとつでしょう。