給料・初任給

給料・初任給

 

 

司書の資格を持った人は、給料をどのくらいもらっているのでしょうか。図書館司書と言っても、雇用の形によって給料の金額は違います。司書の資格を持っているので、ある程度の給料を期待する人も多いでしょうが、実際はそれほど高い水準ではありません。

 

 

有資格者でも、パートで働いている人もいますし、派遣社員・嘱託職員・契約社員として働いている人も多い職種です。もちろん、正社員として働いている人もいますが、金額は高くないのが現状です。日給で換算すると、6500円から8000円位が相場です。月給では15万円台から18万円台位と、地方によって金額が違います。

 

 

大学図書館などの職場では、18万円台という司書の中では高い水準の給与を設定するところもありますが、その場合は、専門知識が豊富であることや、パソコン技術が高い人、司書経験を積んだ人というように、能力が高い人を限定しているようです。

 

 

資格を持っていても、司書が務めるほとんどの職場では、15万円前後の給与がほとんどといえます。公立図書館のように、公務員として働ける場合でも、年収に換算すると300万円前後というように、決して高い給与とは言えないのです。

 

 

司書の初任給においても同様です。国立国会図書館の職員でも18万円前後ですし、学校司書で16.5万円位です。高収入の職種ではありませんが、高い志を持って取り組んでいる人が多い職種でもありますから、本と人に興味のある人は目指してみてはいかがでしょうか。