試験勉強を学校で

試験勉強を学校で

 

 

図書館司書は、資格取得のための試験はありません。資格を取得するためには、決まった科目の勉強が必要です。資格を得るためには、まずそれを学ぶところを探さなければなりません。

 

 

図書館司書を、一般の人が目指す場合は、まず自分の最終学歴をチェックしましょう。高等専門学校の3年まで修得しているか、短大、大学を卒業している人は、文部科学省が委嘱した大学で司書に必要な科目を修得すれば、その時点で司書の資格を得ることができます。

 

 

司書の資格の合格率が100%だと言われるのは、休まずに講習に通い単位が修得できれば、資格が取れるからです。3か月間の司書講習を受けることさえできれば、司書の資格は手に入るのです。

 

 

司書講習を行っている大学は全国に14校ほどあります。自宅から通える大学を選ぶようにしましょう。全国で14校と少ないので、通うにも遠方で無理という人もいることでしょう。遠方の方のためにも、宿泊などの斡旋などの対策が講じられているので、安心して申し込むことができます。

 

 

司書の集中講習と言っても、その年に全ての科目を修得する必要はありません。働きながら司書資格の取得を目指している人は、なかなかまとまった時間が取れないことでしょう。科目ごとあるいは単位ごとに受けることができれば、時間はかかっても計画的に資格取得に近づくことができます。

 

 

司書講習の申し込みは、ゴールデンウィークあたりから始まります。定員オーバーになる前に申し込みを済ませておきましょう。書類審査や作文による審査を経て、講習を受けることになります。