試験勉強を独学で

試験勉強を独学で

 

 

司書の試験勉強をするには、大変な労力が必要です。司書の資格を取得するために行われる試験はありませんが、司書として働くためには、採用試験を受けなければなりません。

 

 

司書の資格を得るためには、決まった科目の習得が条件です。独学で資格を得るというのは無理です。ただ、大学で単位を修得するか、通信教育で単位を修得するかの選択はできます。この選択によって、司書の資格取得までの時間も変わってきます。

 

 

大学の短期集中講習に参加できれば、最短で3カ月で済みます。しかし、自分のペースで学習できる通信教育にすると、資格取得までに1年かかることになります。その代わり、好きな時間に勉強できますし、スクーリングも自宅近くの会場に行けば良いだけなので、精神的に大きな負担となることはありません。

 

 

司書は、資格の取得までの道のりはそれほど険しくないといえます。しかし、司書として図書館で働くとなると、事態は一変します。図書館の多くは公立でそれぞれの自治体が管理していますから、その採用に関しても自治体ごとに行われています。

 

 

採用試験の内容は、自治体によってバラバラです。司書の資格を取得していることを前提としている採用試験の場合は、専門知識を問われることが多いです。ですから、広く情報を集めることが大切です。

 

 

各自治体で行われている過去の司書採用試験は、どれも難問ばかりです。教養問題は、公務員試験を受けるつもりで勉強しておくと良いでしょう。