試験勉強を通信教育で

試験勉強を通信教育で

 

 

司書になるには、文部科学庁から委嘱された大学で短期間の司書講習を受けるのが一番の近道です。しかし、働いている人には3カ月もの長期休暇を取るわけにはいきません。なかなか参加できないというのが現状です。そんな人に最適なのが、近畿大学の通信教育です。

 

 

司書の通信教育を行う近畿大学では、1年間で司書の資格を取れるようなカリキュラムが組まれています。通信教育部の学生として入学する形になりますが、入学金などの費用はかかりません。

 

 

通信教育費用と、スクーリングでかかる費用を考えておけば、他の費用の心配はいりません。各科目について1回ずつの添削指導も行われますし、週末にはスクーリングも行われます。

 

 

スクーリングは、日本全国の主要都市で会場を設けて行われていますから、大学が遠くても心配無用です。試験問題集もテキストに含まれているので、司書資格の取得後に受けるであろう、図書館の採用試験対策にも役立ちます。

 

 

1年のカリキュラムですが、半年単位で最長1年間まで期限を延長することができるので、無理せず司書資格取得の勉強に取り組むことが可能です。

 

 

八洲学園大学の生涯学習学部では、インターネット大学というシステムを採用しています。特に忙しい人向けに作られています。他にも、多くの大学で図書館司書の資格取得のための通信教育課程があります。

 

 

いろいろ調べてみましょう。かかる費用は、各大学で多少の開きがありますから、比較してみるのもいいでしょう。