試験概要

試験概要

 

 

図書館司書の資格を取るために行われる試験というものは、ありません。図書館司書は、決められた科目の単位を修得していれば資格が得られるシステムだからです。

 

 

しかしだからといって、すぐに図書館で働けるわけでもありません。図書館で働くためには、各図書館で行われる試験にパスする必要があります。

 

 

国立図書館や公立図書館、大学図書館や学校の図書館で司書として働く場合でも、採用試験を受けることになりますから、簡単に図書館で司書として働き始めることはできないのです。

 

 

特に、国立大学付属図書館で働くために司書資格を取った人は、国家公務員採用二種試験の図書館学をパスしなくてはなりません。司書資格を取るための試験がない代わりに、司書として働くためには試験を受けなければならないのです。

 

 

図書館で働いている人は、比較的長期間勤務していますから、採用試験も欠員が出ないと行いません。ですから、いつでもアンテナを張っていないといけません。なかなかそうはいきませんね。いい方法は、派遣会社などで司書として登録しておき、いつでも紹介してもらえるようにするというものです。

 

 

司書採用試験の内容は、教養問題が複数、専門知識で記述式の問題が出されるというケースが多いようです。記述式では、図書館を利用したことがない人々に対して、図書館の必要性や役割を理解させるための説明を書かせるという問題や、口述式の試験、集団で討議させる試験などさまざまです。

 

 

採用機関によっても、その試験内容は全く異なるので、目指す図書館があったら、資格取得の勉強と一緒に採用試験対策もしておきましょう。