資格についての概要・種類

資格についての概要・種類

 

 

司書の資格を取得するためには、いくつかの方法があります。司書の資格取得に関して年齢制限はありませんので、いつ資格取得のための勉強を始めてもかまいません。多くの人に資格を取得する権利があるのです。

 

 

司書の資格を取得しても、それで身分が保障されると言うものではありません。また、図書館に就職ができることが約束される訳でもありません。司書として図書館で働くためには、司書採用試験にパスしなければならないからです。

 

 

採用試験においては、資格取得の際に学んだことが出題されますから、受講した内容はしっかりと理解しておきましょう。

 

 

司書の資格を取るには、必修科目と選択科目の単位をかなり取得しなければなりません。必修科目や選択科目は、図書館法施行規則によって決められています。ですから、司書学科のある大学や短大に通っている人は、計画的に単位を取ることができます。

 

 

社会人になってから司書の資格取得を目指したいという人でも、必修・選択科目を取得することができます。日程はその都度違いますが、毎年7月から9月の間に大学などで集中的に講習が行われるようです。

 

 

集中講習が行われる大学は、文部科学庁のホームページで確認することができます。申し込み期限などをよく確認し、希望の大学から募集要項を請求しましょう。

 

 

司書の資格を取るために一番時間がかかるのは、司書補を経てから司書になるケースです。この場合にはまず、司書補の講習を受けて司書補の資格を取ってから、図書館で実際に3年間実務経験を積む必要があります。