資格取得にかかる費用

資格取得にかかる費用

 

 

図書館司書の資格取得にかかる費用とは、どれくらいでしょうか。大学や短大の在学中に図書館司書に必要な科目を修得する場合は、それぞれの学校の授業料に組み込まれているので、考えなくても良いでしょう。

 

 

では、大学で行われている司書講習を受けると、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

 

 

司書講習にかかる金額は、大学ごとに多少差があるようです。受講料について調べてみると、働きながら資格取得を目指している人には嬉しいシステムです。一度の集中講習で司書の資格取得に必要な単位を全て修得すると、約10万円ほどの費用がかかります。

 

 

司書の資格を目指している人の中には、実務経験があり、単位の取得が免除されている人もいます。受講した講習会で必要単位が得られる人に限って、免除分を割り引いた金額で受けることができるというシステムがあります。

 

 

司書講習の利用者にとって嬉しいシステムが、部分科目受講制度です。1講義ごとや1単位ごとに金額が決まっているので、少しずつ単位を修得していく人にピッタリです。仕事を持っている人は、このシステムを使って何度かに分けて必要単位を修得していくことができます。

 

 

何年かかかってしまいますが、夏休みを取る日程を工夫して、無理なく図書館司書の資格を取得することができます。司書講習には、受講料以外にも使われるテキスト代や交通費もかかります。テキスト代は1万円前後と考えておけば良いでしょう。

 

 

司書になるには、スクーリングと通信教育を合わせた通信講座などもあります。費用は9万円前後です。大学まで行けない人でも、スクーリング会場が全国にありますので、休みの日などを利用して受けることができます。忙しい人でも安心して申し込むことができます。