資格取得者の傾向

資格取得者の傾向

 

 

図書館司書の資格はとても人気があります。図書館とは身近にある施設ですから、仕事内容も想像しやすいのでしょう。また、本を扱う仕事というのは、真面目な人が集まるような気がして、仕事場としても安心感を抱く人も多いかもしれません。

 

 

さらに、図書館司書の資格は、短期間の集中講習を受けるだけで資格が得られるので、取得しやすいというのも人気なのでしょう。

 

 

図書館司書の資格取得を学生のころから目指している人以外は、社会人になってから目指すことになります。社会人になってから資格取得をするのは、仕事との兼ね合いもあるので大変です。

 

 

図書館司書の場合は、短期集中講習を受けなければならないので、時間的に余裕がある人でないと選択しにくかもしれません。図書館司書を目指す人に主婦が多いのは、そのためでしょう。

 

 

図書館で働く男女の比率がそうであるように、女性の図書館司書の資格取得者もとても多いです。これは、司書の給与も大きく関係しているかもしれません。正規採用された司書でも給与水準はそれほど高くありませんから、男性が選択しにくい職業になってしまっているのです。

 

 

結婚や子育てなどが将来に控えているような若い男性には向いていない職業かもしれません。採用形態も、パートやアルバイトが多く、フルタイムで働いている司書はそれほど多くないというのが現状です。

 

 

図書館司書の資格取得を目指す人には、子育て経験のある女性が多いです。これは、地方の自治体が管理する公共図書館を利用している子供たちの影響かもしれません。